このお仕事をしていますと
ホント色々なお車との出会いが。
クルマのデザインや構造も
ホント色々なんですよ~

ホンダ・S660
ボンネットのデントリペア
神奈川県秦野市より

昨年別のお車のフロントガラスリペアで
ご来店のオーナー様。
今回はボンネットにアクシデント!
一体何があったの??

ボンネットのピラー近くと
フェンダー(ボンネット)に。

こちらはピラー近く。
かなり端の方で工具の入りも悪い位置。
しかも凹みも深く、作業してみないと
何とも言えないケースではあります。

端の方に工具がどうしても入らず
僅かに出しきれない部位があります。

オーナー様にも確認していただき、
ここまで出てくれれば・・・と
OK いただきました!

そして、ボンネットの角の部分へ。

こちらは問題なくリペア完了!

いや・・・実はこちらも工具の力が
伝わりにくい位置で作業し始めた時は
一瞬焦りましたが、(汗)
何とか無事フィニッシュ!!
ホッとしますね!

ガレージにて、なんと
脚立が転倒というアクシデント!
オーナー様、
お怪我が無くてホント良かったです。

さて、S660 ですが、
ボンネットとは言え
通常フロントフェンダーにあたる部位。
ビートからの継承で(?)
ボンネットフードが被さった
レアな構造ですね~

プジョーの RCZ なんかも
こんな構造になってますね!

オーナー様、こちらのお車とは
グッドタイミングの出会いだったそう。
きっと S660 から、買って買ってオーラが
出ていたんでしょね~(笑)
ユーズドカーとの出会いは一期一会、
これからも楽しいカーライフを
お送りくださいね~

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください