塗装への傷などが僅かな場合
デントリペアでの修復はお勧めできます。
とは言っても全てが手作業の
デントリペアですから、中には
むむむ・・・この凹み!
というものもありますよね。

トヨタ・エスティマ
リアクォーターのデントリペア
三島市より

凹みの位置はこちら。

リアクォーターのテールレンズ下の
なんとコーナー部!!

ライトを当てるとその深さも明確!

直るのか直らないのかと聞かれると、
直します!(汗)
という答えがピッタリでしょうか。(笑)

デントリペアの修復作業は
いわゆるテコの原理。
少しの力で出せる事が一番の理想形。

この部位に関しては当店でも
前例も幾つかありますが、
かなりハードなリペアとなりますので、
直します!(汗)というお答えなのです。

まぁその分、リペア後の達成感は大きく
オーナー様に喜んでもらえれば
その疲れも何のその。(笑)

上から見るとこんな感じ。
付着物はゴム系か何かで
サラリと落ちました。

なんとか直しましたよ~

オーナー様の喜ぶ顔を浮かべて
ホッとする瞬間ですね!

スバル・レガシィ
リアクォーターのデントリペア
東伊豆町より

4年程前にご来店のリピーター様!
新規に購入したんですが
気になる凹みをリペアです!

こちらもリアクォーターの凹み。

バンパーとの境まで凹みが達してます。
そして、この部位には塗装の割れも。

この様なケースは
凹み修復時に塗装の亀裂が拡大する事も。
あと、一番下の部位については
完全修復が難しい事もお伝え。

何とかここまで修復。

塗装割れ拡大等も考慮して、
これで確認してもらいます・・・
喜んでいただけました~

オーナー様、
水平対向6気筒エンジンに乗りたい!
と今回購入されたそうです。
このエンジンのメリットは色々ありますが
私から見ると何と言っても、
独特なあのエンジン音!
ではないでしょうか。

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください