デントリペアは凹みをボディ裏から
押し出すのみで修復する技術。
なので凹み修復の最終段階では
塗装の肌へ精密に同化させていく作業、
いわゆる、肌合わせが重要となるんです。

これは他メーカーの塗装肌。

塗装のボツボツした、
ゆず肌が綺麗に見えますね。

こちらはまた別メーカーの肌。

先程のに比べボツボツ感は少なく
ツル~ンとした感じですよね。

こんな感じで、メーカーにより
塗装の肌も色々なんですが、マツダ車は?
そして、どちらの方がリペアしやすいの?

マツダ・デミオ
ルーフ(屋根)のデントリペア

ルーフに出来てしまった大きな凹み。

原因不明となると気持ち悪いし、
早く直したくなりますよね。

前後方向から見ると
結構範囲も広い事が分かりますね。

今回の様な範囲の広い凹みは
ルーフの内装の分解も必要となり
短時間で・・・という訳にも行きませんが
それでも半日程だったでしょうか。

元の状態に戻りましたね!

こちらからの角度での違和感を無くすのに
少し苦労しましたが、
良い感じに仕上がりました!

デントリペアで雹被害などは別として
即日納車がほとんどです。
これも塗装を一切しない
デントリペアならではのメリットですね!

そして・・・
マツダ・デミオ
フロントドアのデントリペア
沼津市より

ドアノブの手前に小さな凹みが。

少し固い物が当たったのでしょうか。

ヘコミ奥に傷はなさそうなので
良かったですね。

工具も問題なく届きましたので
無事リペア完了!

反対側のドアにも小さな凹み。

浅く小さい凹みなんですが
薄っすらとしたラインを遮断しているので
気になるんですよねー。

こちらも無事に速攻退治です!

そして・・・
マツダ・デミオ
ボンネットのデントリペア
富士宮市より

ボンネットのキャラクターラインを
かすめる様に出来てしまった凹み。

よく見るとラインも少し潰れてしまって
ライン右側にも盛り上がったダメージが。

ライン左側はというと
逆アールの形状となっていて
思うより完全修復の難易度も高いケース。

マツダの塗装肌はきめ細かいため
僅かな歪を消し去るのが非常に大変です。
それでも何とか微調整を繰り返し・・・

良い感じに仕上がりましたね!

オーナー様もダメかと思っていた凹み。
デントリペアは当店でも経験ありなので
普通なら即、鈑金修理となりそうですが
綺麗なマツダのソウルレッド、
デントリペアで何とかなるなら・・・
と当店へ託していただきました!(嬉)
ありがとうございます!

マツダのボディ形状は複雑で
特にサイド側は凹みの出来る位置で
仕上がりにも明暗が分かれたりします。
そんな形状にも苦しみ(?)ながら
毎日凹みと戦って(?)いまーす!(笑)

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください