長年この仕事をやってますと
色々なお客様やお車との出会いも
とても楽しいのですが・・・
えーーーこの凹み!?
直せるのーー??
なんて凹みとの出会いもあったり!(笑)

アバルト・500
フロントフェンダーの凹みをデントリペア
山梨県甲府市より

左フロントフェンダーへの凹みです。

写真では一見普通そうに見えますが、
よく見るとフェンダーの縁が
完全に変形しています。

反対側から見ると分かりやすいのかな。

縁が内側へめり込んでるのが
よくわかりますか?
お見積り時に修復後のイメージを
想像するのですが、
そのイメージが浮かんできません。

この様な場合、
お見積り時にオーナー様にも
仕上がり感やリスクなどに関しても
特に詳細にお伝えして作業開始です!

縁の変形が深く
完全に出し切れない部位があります。

もう少し出せそうですが
縁内側の変形もあり、
これ以上負荷を加えると
外側に折れる可能性もあり、
ここまでの見極めとなります。

オーナ様は、
ここまで直るとは思ってなかった!
と喜んでくれました。(嬉)
ありがとうございます。

もちろん私もこの様なケースでは
ここまで戻ってくれるとは
思いませんでした。

ここ最近の車はパネルも薄くなる傾向。
この様なダメージの修復は更に
難易度が高くなると思います。

そして・・・
トヨタ・ハイエース
リアゲートの凹みをデントリペア
沼津市より

リアゲートの上部に・・・

んーーー
丁度コーナー部の固い所へ三連発!

深く凹みが押し込まれています。

こちらの場合、
技術的には問題なく出せる凹みですが
お見積り時に
工具の侵入と作業性の問題から
完全修復が難しい事をお伝えしました。

後は私の気力の問題ってこと?(汗)
通常では使わない方向へ
まるで筋力アップトレーニングを
してる感覚でした!(笑)

オーナー様の思いを何とか
仕上がりに繋げられたかと思います。
修復の終わったお車を
笑顔で見ているオーナー様を見ると
私もホッとしますね。

今回の様にデントリペアでは
塗装をしないで仕上げるという事が
前提となりますので
作業方法も限られます。
故に、どうしてもやってみないと
私自身もお直しできるのか
分からない事もあります。

もちろん修復が出来ない場合は
一切作業費用はいただきませんので
その辺につきましてはご安心くださいね。

それでも、
おかげさまでオーナー様からも
ご理解いただき修復の望みを
託していただいております事は
本当に感謝しかありません。
だって・・・
やってみないと分からない作業に
お時間をいただくのですから。

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください