最近、街でもよく見かけるSUV。
以前からあるモデルや○○クロスなど。
本格派やシティ派モデルもあるけど、
こういうクルマって、やっぱり自然の中で
見る方が断然伸び伸びして良い感じ!

スバル・フォレスター
リアドアの凹みをデントリペア
神奈川県秦野市より

リアドアに出来てしまった凹み。

ドアと言ってもリアフェンダーの
延長線上ふっくらした箇所。

少し深めに入った長めの凹みは
やっぱり目立ってしまいますよねー

工具の当たりが悪い箇所でもありますが
内装の分解も無くリペア完了!

凹みのないボディは
やっぱり気持ちいですよ!

オーナー様、とても気さくな方で
キャンプの写真を見せてくれたんですが
森林の中で撮影したフォレスターは
ホント生き生きして(笑)いい感じ!
仲良さそうなご夫婦が印象的でした。

そして・・・
ミツビシ・RVR
リアドアの凹みをデントリペア
伊東市より

左リアドアのプレスラインへ。

洗車時のトラブルだそうですが
これはもう見た時には
大ショックですですよね。(悲)

最近の車のパネルは薄い傾向にあり
きついラインの潰れなどは
完全修復も慎重な作業となります。

何とかここまで・・・

でも、まだ終わりじゃないですよー

アップに耐えられませんね!(汗)
アナログ放送が地デジになった時みたい。

ここまで仕上げれば
パット見は気にならないレベルですが、
チラチラと歪みが見えてしまいます。

更に微調整を加えていきます。
デントリペアの本領発揮です!(笑)

これでアップにも耐えられる
肌になりましたね!

自然光でもスッキリ。

これでオーナー様も凹みの事を
忘れられそうです。

そして・・・
プジョー・2008
フロントドアの凹みをデントリペア
熱海市より

左フロントドアのドアノブの下へ。

ショッピングカートか何かでしょうか、
横方向に一直線の凹み。

塗装のクリアに傷も見られましたので
傷は残ってしまいます。

それでも凹みを完全に出す事で
ほとんど、そこへ目が行かなくなります。

オーナー様、実は3回目のリピーター様。
一度目はアルミボンネットの
ラインが潰れてしまった深い凹みで
修復は難しい事例で
プロ的にはハッキリお断りが
正しい対応だとは思うんですが、
私もプジョー乗りという事もあり(?)
いや、僅かな可能性に賭けたく
デントリペアでダメなら
交換修理というお話でしたので
チャレンジさせていただきました。

結果はやはりパネルの伸びが酷く
修復できませんでしたが
デントリペアについて
ご理解いただけておりますので、
再度こうしてご来店いただいております。

今のEGG BASEのクオリティは
こういう方々のおかげで
成り立っているものです。
修復に当たってはもちろん
お時間もいただく訳ですから
本当に感謝ですよね。
ありがとうございます。

これから少しづつ
出掛けやすくなりそうですね。
それぞれのオーナー様が
素敵なカーライフを
お送りくださいね~!

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください