デントリペアでは、
先ず工具が凹み裏へ届くかが
リペア出来るかの大きなカギとなります。

ポルシェ・ボクスターGTS(981)
リアフェンダーのデントリペア
三島市より

コンバーチブルモデルで
この位置への凹みは
オープン時にも目立つので、
ちょっと辛いですよね。

少し深めに入った凹みですが
修復には全く問題ないレベル。

問題は工具が入るかどうかですね。
911モデルなんかですと
構造がまた違っていたりしますので、
工具がアクセスできる方法を探ります。

スペースの問題が僅かにありましたが、
工具が届くとホッとしますね~

工具が入ってしまえば
後は時間の問題で~す。(嬉)

施工後の処理が済むまで
日向ぼっこです!(笑)

この時期、花粉でメンテナンスが
少し大変との事ですが、
素敵なカラーリングの幌ですよね。

オーナー様とも色々とお話が出来て
楽しいひと時でした!
だんだんと暖かくなって行くと
コンバーチブルが楽しい季節ですね~!
ご来店ありがとうございます!

そして・・・
トヨタ・クラウン
ボンネットのデントリペア

ボンネットの先端付近。
お電話で症状を伺った時から
工具が届くかどうかが
ちょっと、気になっていました。

こちらも工具が入れば問題ない凹みです。

ただ・・・意外とダメージの範囲が
広範囲になっています。

小さなホールからの修復作業で
少しづつ少しづつ・・・

これがアルミパネルだったらと思うと、
ちょっとゾッとします!(笑)

僅かにキズが残りますが
凹みの無いボディには
オーナー様も大喜びでした!

僅かな工具アクセスの可否により、
リスクの少ない施工が出来ました。
これは実際にお車を拝見して
作業してみないと
分からない部分でもありますが、
今までの経験により
大まかな予測は出来ますので、
安心してご相談くださいね!

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください