デントリペアで直せる凹みの大きさは?

当店でリペアされたオーナー様から
時々質問されるのが、このワード。

直せるのに必要なのは
「大きさ」ではなく
「凹み方」なんですね。

ミツビシ・デリカD5
リアフェンダーのデントリペア
富士宮市より

一度お見積りでご来店されましたので、
じっくりと見させていただきました。

これまでにも大きな、
いわゆるビッグデントと言うものも
直してきましたが、今回は・・・

完全修復が望める箇所、
塗装の状態により
仕上がりが左右される箇所、
僅かに歪みの残る可能性のある個所・・・

詳しくお見積りさせていただきました。

フェンダーアーチの部分から
リアクォーターに流れる部位の造形が、
曲線プラス逆アールもあり
本来の形状を理解するのに
苦労しましたね~

バンパーとの境は、
やはり塗装の亀裂などもあり
完全には追い込めませんでしたが、
かなり良い状態までリペア完了!!

という事で・・・
致命的なキズが無い大きな凹みの場合、
複雑に凹んでいなければ
修復可能なケースも多々あります。

鈑金修理の前にデント屋さんで
ちょっと見てもらお~
ってな感じで良いかと思いますよ~

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください