デントリペアの専門店でご依頼が多いのは
通常、単発の凹みが殆んど。
ただ、ユーズドカーを新規に購入されて
気になる凹みを一新!!
なんてオーナー様も。

色々な箇所の凹みをお直しすると
凹みの場所や凹み方によって
作業性や修復の難易度に
違いがある事も分かりますね。

BMW・320d
ドア・その他のデントリペア

リアフェンダーに浅目の凹み。

ちょっとした映り込みラインの屈折で
見つけてしまうと気になるもの。

作業性・工具のアクセスも問題なく
短時間でリペア完了!

リアドア前方の縁付近への凹み。

新車時の歪みなのか凹みなのか・・・
というケースですが
乗り降りする周辺への凹みは、
モヤモヤしますよね~

縁に近いため
工具のアクセスが心配されましたが、
特に問題もなくキレイになりました。
直ってみるとスッキリですね!

フロントフェンダーには・・・
凸です!

こういう場合は
塗装の問題である事も考えられますので
探りながらのリペアとなります。
現状より悪化しては困りますから。

1cmにも満たない小さな凸ですが
無事に戻るとホッとしますね~

リアフェンダーへの凹み。

こちらも浅く僅かな凹みです。

工具アクセスが問題なければ
数分で直ってしまう凹みですが、
給油口の前方向という事で
工具が届くんでしょうか・・・

トランク内部からスルスルっと。

何とかギリギリ工具もヒット!(嬉)
どうしても工具が届かなければ
表より引っ張りだす
プーリング工法となりますね。

リペア完了です!

そして・・・
今回のリペアで一番時間の掛かった個所。
フロントドアの中央部への僅かな歪み。

本当に僅かなもので
画像にも映り難いんですが分かりますか?

この僅かな歪みがオーナー様に
見えちゃったんですから
お直しするしかありませんね!(笑)

何度も何度も押し出してはチェック!

修正を加えるとスッキリしたのが
分かりますよね?

普段から、ご依頼のあった凹み以外にも
凹み箇所を見つけてしまう事もあります。
通常は特にお伝えしてませんが、
今回は、この歪を見つけてしまった
オーナー様ですから、
いずれ見つけてしまうと思い
新規購入後の乗り初めという事もあり
提案させていただきました。

オーナー様の喜ぶお顔を見て
よかったなぁ・・・と思いましたよ~

美味しいゼリーいただきました!
御馳走さまです!

そして・・・
スバル・BRZ
ドアと・ルーフサイドピラーの
デントリペア

こちらは旧店舗での施工でした。

ドアに薄っすらとした凹み。

これってBRZやハチロクの定番!
もう何回直したことでしょう・・・

パネルが柔らかいので
歪み取りに時間も掛かりますが、
時間の問題でキレイになりますね!

こちらはかなり長いです!

上下の凹みに気を取られて
見逃しがちですが中間も
しっかり凹んでます。(悲)

ドアが当たった痕が見えますね。
これは磨きで消えそうです。

そしてルーフにも。

ところがこの箇所、
ルーフサイドピラーなので
工具が入りません。

なので表から引っ張り出すんです!

押し出すよりも修復がシビアなため
難易度は高くなりますが
最近では工具も進化していますので
リスクも少なく修復が可能なんです。

右側のルーフサイドにも。

先程よりも深い凹みですが
凹みに芯もありませんので
問題なく修復可能でしょう。

凹み自体のサイズもありますので
何度も微調整が必要ですが
キレイになりましたね~

凹みが直るとホントにクルマが
生き返る感じがします。
クルマがシマル感じですね!

でっかいウイングがスバル感あります!

どちらのオーナー様も
これでリセット掛かりましたので、
また楽しいカーライフのスタートですね!

あなたの街のデント屋さん EGG BASE
smile !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください